本文へ移動

元気ファームブログ

「働き続ける」、当たり前!

RSS(別ウィンドウで開きます) 

「働き続ける」、当たり前!

2019-10-19
約50年前の定年は55才が一般的だったにもかかわらず、現在よりも長い期間、働き続ける労働者が多かった。当時は定年がない自営業者の割合が高かったこともその理由だ。平均寿命や健康寿命が大きく延びていることを考えれば、今の労働者は50年前よりも長く働けるはずだ。
ひとつの企業に正社員として勤め続け定年でリタイアする働き方は、歴史的にはずっと続いてきたわけではない。働く期間が長くなる中では、仕事で身につけた経験やスキルを活かし続けるといった働く側の意識改革がこれまで以上に重要になる。
一方、高齢になるほど健康状態、働く能力などの個人差が大きくなることも事実だ。
また、年齢が高くなれば、必ずしもそれまでと同じ水準の収入を得る必要がある人ばかりではなくなる。高齢化で働く能力や意思、経済状況、健康状態など様々な働き手が増えるなか、望ましい働き方はこれまで以上に多様になる。誰もが同じように長く働くのではなく、自分に合う働き方を選択できる社会、会社を目指したい。
 
株式会社ネクストコンサルティング
〒220-0012
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1 ランドマークプラザ(5階)
TEL.045-285-3626
0
2
3
5
1
3
TOPへ戻る