本文へ移動

元気ファームブログ

ドラゴン桜、作画外注!

RSS(別ウィンドウで開きます) 

ドラゴン桜、作画外注!

2019-06-13
マンガ家の仕事ぶりは大勢のアシスタントと連日連夜、制作に追われ、
 
作品が打ち切られればそろって失業。従来のそんなイメージを「ドラゴン桜」
 
の作者の三田紀房(61)は斬新な手法で、マンガ界の働き方改革に取り組んでいる。
 
三田はストーリーと構図の構想、外注先の会社は作画に特化することで、互いの
 
強みを生かすシステムを取る。
 
週刊連載2本を抱える三田は人気マンガ家だが、アシスタントは週休3日、
 
勤務時間は午前9時半〜午後6時、残業もほぼない。
 
膨大な作業をこなすカギは、マンガ界初の「作画の完全外注」だ。
 
米アップル、製品の機能設計やデザインに特化し、製造過程は他社に委託。
 
これを採用した。
 
働き方改革は自分改革。自分の仕事を棚卸しして分解。自分に集中して他を
 
外部に委託する。やってみる価値がある。
 
 
株式会社ネクストコンサルティング
〒220-0012
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1 ランドマークプラザ(5階)
TEL.045-285-3626
0
2
3
5
1
3
TOPへ戻る